株式会社中部テクノ 〒463-0042 愛知県名古屋市守山区野萩町3番13号 TEL:052-758-5866

中部テクノロゴ 電話番号052-758-5866
トップページへ 会社概要 総合設備・施工 安心サポート 取扱い商品 リクルート お問合せ


イメージ写真



豊富な受託実績がある当社にお任せ下さい。
改正フロンガス法についてタイトル

平成27年4月より施行された「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)」により、フロン類の製造から廃棄までのフロン類のライフサイクル全体を見据えた包括的な対策が進められています。
しかし、機器廃棄時の回収率が直近でも4割弱と低迷していることから、令和2年4月1日から改正法が施行され、機器ユーザーの回収義務違反に係る直接罰の導入、建物解体時の取組の強化、フロン回収が確認できない機器の引取禁止など、フロン類の回収が確実に行われるための仕組みが導入されます。


 ■ フロン排出抑制法の詳細について(環境省) ※新規ウィンドまたはタブで開きます。
 ■ フロン排出抑制法パンフレット(環境省)[PDF/6.33MB]



規制強化ポイント

機器を使用している時
機器を使用している時
フロン類を回収しないと即座に罰金
回収が証明で来なとダメ
対象となる機器



管理者に求められる、責務とは?

管理している全ての第一種特定製品について、次の4点を順守する義務があります。


点検
記録
報告
廃棄


点検種別 対象機器 規 模 点検頻度 点検内容
簡易点検 全ての機器 3ケ月に1回以上 目視確認による、機器の異音、異振動、腐食損傷、熱交換器の霜付、他
定期点検
※有資格者が実施
空調機器 50Kw未満 1年に1回以上

1.目視確認など
2.間接法:機器の運転状況記録から

     判断
3.直接法:発泡液や蛍光剤で確認
※蛍光剤の成分によっては不具合が生じる場合があります。

7.5〜
50Kw以上
3年に1回以上
冷凍・冷蔵機器 7.5Kw以上 1年に1回以上






HCFC(R22冷媒等)の国内生産 削減・全廃のお知らせ!

現在お使いの空調機器、冷凍冷蔵機器の特定フロン規制、ご存知ですか?
今まで使われてきた「R22冷媒」は2020年には全廃となります。


全廃期限まであとわずか・・・入替のご決断はいつですか!?

代替フロンはオゾン層破壊係数が「0」のHFCフロンと呼ばれる冷媒ガスが登場。

 ※規制されるフロン類は、「R12」「R22」「R123」「R502」です。

規制されるフロン類は、「R12」「R22」「R123」「R502」です。

みだりにフロン類を放出すると50万円以下の罰金又は1年以下の懲役に処されます。(法第38条、法第55条)



改正フロン排出抑制法に関するリンク

 ■ 一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構

  ・「簡易点検」の動画をご覧頂けます。 ※新規ウィンドまたはタブで開きます。
  ・「情報処理センターの利用」の動画をご覧頂けます。 ※新規ウィンドまたはタブで開きます。
  ・簡易点検の手引き[PDF]
  ・GWP値一覧[PDF]

  一般社団法人 日本冷凍空調設備工業連合会

  ・漏えい点検整備記録簿(フロン排出抑制対応について)[PDF]
  ・冷凍空調機器をお使いのお客様へ→ フロン漏えい点検が義務化されました[PDF]
  ・フロン排出抑制でこうなる[PDF]

  一般社団法人 日本冷凍空調工業会
  ・経済産業省と環境省からの注意喚起 → 経済産業省・環境省の指示と騙(かた)る勧誘にご注意

  経済産業省
  フロン排出抑制法ポータルサイト
  環境省


求人に関するお問合せ
点検ワンポイントアドバイス
総合設備・施工
プレハブ冷凍庫・冷蔵庫
steril keeper
プレハ×氷感
大風量気化式冷風器hailan ハイラン
ジョキンメイト
エコロングセブン

点検ワンポイントアドバイス
フロン排出抑制法について

グループ会社







HOME会社概要総合設備・施工安心サポートリクルートお問合せ
取扱い商品プレハブ冷凍冷蔵車庫除菌型洗浄剤ジョキンメイトHaiLan ハイラン
点検ワンポイントアドバイス改正フロン法について

株式会社中部テクノ

Copyright CHUBU TECHNO Co.,Ltd. All rights reserved.